軽自動車の継続検査|料金

car

 

軽自動車の継続検査についてご説明します。

 

ご存知とは思いますが、軽自動車も普通自動車と同じで、新車で購入した場合は3年後に初めての車検を受けることになり、その後2年ごとに継続検査を受ける事になります。

 

車検の種類としては

 

最初に受ける新規検査、新車3年が過ぎてから2年ごとに受ける継続検査、車の改造等をした場合に受ける構造等変更検査があります。

 

軽自動車の継続検査についてご説明します。

 

ご存知とは思いますが、軽自動車も普通自動車と同じで、新車で購入した場合は3年後に初めての車検を受けることになり、その後2年ごとに継続検査を受ける事になります。

 

車検の種類としては

 

最初に受ける新規検査、新車3年が過ぎてから2年ごとに受ける継続検査、車の改造等をした場合に受ける構造等変更検査があります。

 

このサイトをごらん頂いている方のほとんどが、継続検査についての情報をお探しだと思います。

 

いわゆる車検を受ける際に必要な金額は必ず必要な法定費用と車検に通す為にする点検や整備に要する費用の2種類があります。

 

法定費用には自賠責保険と重量税の2種類があります。

 

必要な費用としては

 

①軽自動車の場合は24ヶ月の自賠責が26,370円

 

②重量税が8800円

 

③印紙代が1400円

 

です。

 

軽自動車の場合、最低限36,570円かかります。

 

つぎに点検や整備費用ですが、

 

ここが安く出来るポイントになります。

 

決まった値段がないので、企業の考えるポイントで費用が変わってくるというわけです。

 

例えば、タイヤが3割ほどしか残っていなくても、日常ほとんど乗らない方だと、次の車検までもつ場合もありますが、ほぼ強制に近いほど、交換を勧められたりする業者もありますし、スルーされる所もあります。

 

そういった細かい交換費用や、基本料金などで5万以上の差が付くこともあり、

 

業者選びは非常に大事です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ